Feeds:
投稿
コメント

早いもので、孫のAちゃんは7日、一歳を迎えました。

二人目だからでしょうか、早く感じます。

健やかに育ってくれてありがとう。💕

可愛いね~~。

 

Aちゃん、あなたの笑顔は多くの人を

癒すことが出来ますね~。

片手、お手てつないでしっかり歩く姿に

逞しい生命力を感じます。

一歳のお誕生日、おめでとう~\(^o^)/

DSC_6220

 

DSC_6176

 

 

Zお兄ちゃんの描く絵に感動しています。

 

子供って凄いもの描くことが出来る~(@_@)。

四歳と一歳だから、

パパとママはまだまだ大変だと思うけど、

その分、可愛いよね。

地球に優しく生きていきたいと

しみじみ思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

カレンダーを一枚残す12月。

何となく、慌ただし気分になるのは、習い性になっている為でしょうか?

気忙しくなりますね~。

 

先日、整形外科医の先生から拇指CM関節症と言われましたが、

手の親指を動かさないようにすることは無理!

で、痛みは変わらずありました。

 

それで、ギブスのようなものを看護士さんが両手の分、作ってくださいました。

固いもので、その上に包帯をしています。両手に着けると、何も出来ません。

「これではお代金もお支払い出来ません」とお伝えして

右手は外して帰って来ました。簡単に取り外しが出来ます。

 

主人はちょっとビックリして、後片付け等手伝ってくれるように

なりました。

 

今月はフラダンスの発表会があります。

それが終わらないと新年を迎える気分にはなれません。、

今は腰も足も手も故障続きで、養生に努めます。

そう言えば、昨年は風邪を引いて辛い年末だったなぁ~、

と思い出します。

 

「辛い事を考えるより、出来ることに感謝!」 なんて聖人のようには

言えませんが、歩けるようになった! 痛みも少なくなった!

何とかなっている今をありがたく思います。

捻挫をしたことにより、不思議と感謝で過ごせています。

 

Zさんが描いた「ロボット」

 

 

 

 

捻挫の方はかなり良くなって

痛みも無くなり外に出る時以外は杖も不要です。

時々違和感がありますから、無理しないようにしています。

ご心配いただいた方々、

ブログを読んでくださってメールをくださった方々、

バス旅行に行けず、ご迷惑をおかけした方々、<m(__)m>

ありがとうございました。

 

骨に異常の無い場合は捻挫と言います。と

整形外科の先生から言われた時、

骨に異常なく本当に良かった!と思いました。

電動自転車は当分は勿論の事、これから先も考えてみます。

 

 

 

窓から見える秋、葉がもうすぐハラハラと散っていきます。

ちょっぴり、寂しくなります。

 

 

一昨日の夕方、電動自転車を乗っていて、

関節症の為か手元が狂って、石の土台の間に足をぶつけてしまいました。

左足の踝が少しグニャとして「痛い!」感じたのですが、

歩けるので自転車を押して帰って来ました。

保冷剤で冷やし、シップをして椅子に座っていたのです。

2時間ほどして、ビックリ。

左足が床に着くと異常に痛い! 当然歩けない。

掴まるところがあるところは手を使い、右足だけではどうにもならず

動けない辛さを初めて経験。

 

出かけていて、帰りの遅くなると言っていた主人にメールして

必死でベッドに移動した。

 

電車内でメールを読んだ主人が帰宅。

冷蔵庫の氷とビニールの袋で

即席氷嚢を作ってくれました。

 

翌朝早く、友人に紹介された整形外科に連れて行ってくれました。

ガンガン冷やしたのが効果大で腫れも少し引いていました。

レントゲンの結果、骨に異常が見られずヤレヤレ。

テーピングと、杖を使って移動が自由になった喜び!

普段は歩けることの感謝を忘れていたようです。

そして、主人に「ありがとう」と感謝です。

 

来週の火曜日は日本語の会「ともだち」のバス旅行。

帰国者さんたちがとても楽しみにしているし、

会計しているので行きたいのだけれど・・・。

12月のフラダンスの発表会はOKが出たのですが・・・。

 

今は自分の回復だけを考えようと思うようになり、

バス代、高速代、レストランの金額、ミカン狩りの代金、

保険代等々封筒に入れながら思っています。

「今日で発表会まで自転車は乗らない」と皆に言った日に捻挫。

どこかで怪しい自分に気付いていたのかもです。

自分の捻挫で済んでありがとう~なのかもしれません。

 

 

Zさんの描いた時計台

IMG_20171104_113028273

(どういう訳か絵が小さく出来なくて)

 

 

 

 

手に持ったものをよく落としていました。

そして両手親指側の手首に痛みを感じるようになりました。

私の腰痛の整形外科は

肩、腰、膝、そしてスポーツの怪我などの

それぞれ専門の先生が看られます。

腰の専門医に恐る恐る

「両手の親指の付け根の下が痛いのですが・・・」

と訴えましたら、すぐにレントゲン。

「母指CM関節症ですね。利き手ではなく左手の方が痛いよね?

使いすぎかな?

なるべく使わないようにね」

(先生は遠慮して加齢です、とはおっしゃいませんでした)

家事が苦手な私でも主婦ですから

手を、親指を使わないことは不可能です。

あっちが痛い!

こっちが痛い!

つくづく自分の年齢を実感しています。

腰痛もあるし、足裏はしびれているし・・・

それでも私は医師の許可を得て

太極拳とフラダンスは続けています。

この塗り薬、

昨日の朝のTVで知ったのですが

美肌になると炎上して

国民保険料(市販されていない)、何億という金額が

使われたとか。ビックリ(@_@)

私は昨年、右手親指の爪の損傷が酷く

皮膚科で出されたお薬です。

私は爪と指紋が極度に薄くて

手に塗っていますが、保湿のお薬です。

特にお肌が美しくなったとは思えません。

アンチエイジングに効くというのは

何かの間違いでは?

スマホ等でいろんなもの、いろんな事が

炎上しますね。 ??

 

 

 

2017年の秋の収穫

日本語の会「ともだち」は

宝塚の中国残留帰国者の

みなさんと日本語を勉強する会です。

西谷という所に畑も借りています。

ボランティアと帰国者さんと協力して

春は玉ねぎ・にんにく・ニラ。夏は冬瓜。

秋はサツマイモ・小芋・黒豆などが収穫されます。

 

 

今年の収穫! 私は用事で行けず、

我が家の玄関に持って来ていただいたもの。

 

 

もちろん、無農薬で美味しいのです。

会長夫妻の尽力に感謝。皆さんに感謝。

実りの秋ですね。

帰国者の人達が長く日本に居て

どうして日本語が出来ないの?

と、よく聞かれます。

戦争が終わり、日本へ帰るための

悲惨な逃避行があり、

親が亡くなったりで、孤児になった人たちが

中国人に育てられました。

その後、周恩来さんと田中角栄首相とで

日中国交回復したのですが

中国側から残留孤児の話が出ていたのに

日本政府は無関心でした。

その頃に帰国できていれば

言葉の壁はもう少し低かったことでしょう。

年をとってから帰国。

すぐに働かなければならず

日本語が出来ないゆえに、優秀であった人たちも

単純な労働に就かざるを得なかった。

日本に帰って来てから、周りの人は知らず

家族間で中国語で話していました。

月日は流れて行きました。

中国では鬼の子(日本人の子)としていじめられ

(養父母たちは守りぬいてくれたのです)

日本に帰って来てからも

言葉が出来ず

「中国人」として差別を受けて生きて来ました。

国によって人間に差があるの?

何処の国にも

立派な人もいれば悪人も居るでしょう。

先週は私の町地区の秋祭りでした。

 

だんじりが引かれ、太鼓と笛の音がドンヒャラと

懐かしい遠い日を思い起こしてくれます。

 

 

 

娘からZさんが今日描いたという

絵が送られてきました。

ゼノの絵 2017年10月

 

なんて可愛い~。♪

4歳になると

こんな素敵で可愛い

キリンさんを描くことが出来るのね。

凄い!な~\(^o^)/

雨が続き小寒い日が続いてます。

この絵の暖かい日差しの中の

ほんわかしたキリンさん、蝶々さん💕

8月9月は山ほどいろんなことがあり

少々参っていましたが

ゲンキンなもので

この絵を見て一気に元気になりました。

Sさん、Zさんありがとう~ね。