Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Uncategorized’ Category

中国残留帰国者の皆さんが楽しみにしている

この春のバス旅行は、お天気も気温もとても気持ちいい~♪

日になりました。

先ずは、明石海峡大橋のたもとの「橋の科学館」

立体映画3Dでお勉強しましたよ。

 

 

 

すぐ近くの「孫文記念館」

ボランティアの中のお一人の祖父が

孫文と同じ村の出身で交流もあったという

遠い昔の話ではない!

そのボランティアのお父様は中国語と日本語の

辞書を作成されるために日本に来られた。

尊敬です。お世話になってます。

 

 

神崎農村公園「ヨーデルの森」

兵庫県のど真ん中にある町立の農業公園です。

のんびりした自然の中で

動物との触れ合いを楽しめる公園として開園され

2009年に民間に委託されました。

ここでバイキングのランチ

広い敷地の中、のんびりと緑を堪能できます。

ごまあざらし

カンガルーやペンギン・フクロウ・アルパカ

ベニコンゴーインコのショウが見もの。

犬や猫とも遊べる!とか。

気持ちの良いお天気の中で

みなさん、童心に戻って遊んでおられました。

孫たちが喜ぶかもしれないナ。

この後は吉川の道の駅で

お野菜等のお買い物と

「足湯」に入りました。

 

今回はバス席でお隣に座ったS.Rさんが

日本語も比較的お上手なので

「中国から日本に来た時の気持ち」を

お尋ねしました。

妻としての心境が知りたかったのです。

快くお話をしてくださいました。

夫が日本人であることも知らず、夫の養父母が亡くなって、

夫が日本へ帰りたい気持ちが強い事、

何も知らなかったので

すごく苦しんだという。

彼女の親、弟、妹たちは日本に行くことを

強く反対したという。

「怖い!」そして苦渋の決断して日本に来たけれど

夫婦とも言葉が出来ず、散々苦労を重ねた。

休みなく働き、その為に腰を悪くした。

でも、今は子供たち、孫たちに恵まれ

幸せだという。

そして中国の歌を書いてくれた。

 

<小草>

花の香りも無い、高い樹でも無い、私は小さな草

寂しくない、悩まない、私には多くの友達がいる・・・

春は風が吹きあなたも私も包む

光はあなたも私も照らす

河は流れ私も大地もはぐくみ

母のようにあなたもわたしも育てる。

私の勝手な訳だけれど

彼女の気持ちが出ている歌なんだと思う。

来週、中国語の出来る友人に教えてもらうつもりです。

全く違う意味かもしれない。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

広告

Read Full Post »

 

月に一度Mさん宅で

「好き勝手の下手絵会」なるものをしている。

芦屋の小さな旅行会社をなさっているHさんと

その親友のUさん(共に78歳)と86歳のM さんと私。

Mさんは懇願されて

他で教えておられるほどお上手。

Hさんが、見たい桜が有る!という事で

4人で芦屋からタクシーで行くことになりました。

吉野の奥、大峰山に近いナメゴ谷。

9人乗りの大型タクシーで行きました。

ピクニック気分で4人とも大笑いの連続。

道の駅ではお野菜をどっさり買い込む。

ランチは先日行った「洋食 Katsui」がいいと

遠回りしてもらいました。

なんせ我儘をきいてくれる運転手さんですから。

 

 

 

綺麗だった八重桜はもう終わりの頃でした。

でも口コミでしょうか?

ランチに来た人で満席になりましたよ。

写真はありませんが

とっても美味しくて満足満足。

そして

沢山、沢山走りました~。

バスでは入れない細い山道を登りました。

残念ながら今年の桜は早く咲き

杉の緑と桜のピンクの縦じまの景色は

終わっていました。

 

 

幾筋もあるのです。

 

桜が全くなかった訳では無くて

 

たぶん私が見る今年の最後の桜も綺麗でした。

新緑も美しくてお天気も良く

楽しい一日でした。

 

この藤は一週間前に

中山寺のグランドに咲いていた藤の花。

グランドにL字に沢山植えられています。

 

ふと我が家の西側窓のカーテンをあけたら

八角古墳の上の樹々に

自生の藤がまとわりついて咲いていました。

 

この山は前宅にも続いています。

次女が小さい子供の頃

「松の花が綺麗に咲いているよ」というので

子供部屋に行って窓の外を見たら

自生の藤が松に絡みついて咲いていた・・・。

今は懐かしい思い出。

 

 

 

 

Read Full Post »

珍しく今月2回目のバスツアーで

黒部ダムと立山、雪の壁の大谷ウオークに参加しました。

心がけが悪かったのか

春の嵐の日に当たってしまいました。

 

一日目は雨が降らずでした。

高遠(タカトウ)城址公園の

桜は2割ほど残っていました。

 

満開の時はさぞかし綺麗だろうと納得。

 

これは何のお花?

 

 

夜中に嵐が過ぎ去り、

翌日4月15日の朝はもう小雨。

少しの期待と、そして諦めとがありました。

乗って来たバスで扇沢に行き

→トロリーバス16分→黒部ダム着。

黒部ダムも今日からオープンです。

 

この関電トロリーバスは今年が運行最終年。

 

来年からは電気バスになるそうです。

 

幾多の困難を極めた黒部ダムの建築工事は

想像以上に大変だったと思います。

ダム湖の方にはまだ氷が残っています。

黒部ダムを歩き→

黒部ケーブルカー5分で黒部平。

 

 

 

 

→立山ロープウェイ7分、大観峰。→

立山トンネルバス(トロリーバス)10分で

室堂(ムロドウ)に着きました。

レストランで昼食。

15日は今年のオープニングの日で

セレモニーが出来なくて雪の壁の大谷ウオークが

中止になっておりました。

全員がガックリ。

雨も止んで晴れてきているのに・・・。

 

室堂は、登山大好きな主人はよく訪れた所です。

一昨年から登山は控えていたので久しぶり。

私たちは室堂の施設から外に出て

短いですが雪の壁を歩くことができました。(@_@)

 

防寒・防風・防雨の為に

ダウンも20数年前のヤッケ上下も着ましたよ。

大谷ウオークは出来なかったけれど

私は小谷ウオークと名付けました(笑) とても満足でした。

室堂→立山高原バスで50分美女平→

立山ケーブルカー7分に乗って下山の予定が、

室堂に来た道を逆戻りで、黒部平→黒部ダム→扇沢と

少し時間が多くかかりました。

扇沢で私たちが乗って来たバスに乗り

予定より長いコースになり、ひたすら大阪に向かいました。

このアルペンルートの多くの乗り物が

全て経営会社が違うので、ツアーの女性が

走り回って切符の用意、手配をしてくれました。

大変です。

主人がツアーを選んだ理由が分かりました。

 

黒部ダムを2度歩くと、見え方も違ってきます。

周りの山々など、方向が違うからでしょう。

 

帰りのバスの中で考えました。

日本の最先端の叡智と技術で出来た黒部ダム。

日本の経済を引っ張ってくれたのです。

初めて行き、往復して分かったのは、

何処からも遠い遠いダムであること。

莫大な費用と何よりも多くの命が犠牲になりました。

不思議な感覚を覚えました。

これから先、レアメタルなど

新しいエネルギーが生まれるでしょう。

時代の移り変わりに

私たちはどのように対応して行けば良いの?

原発は本当に必要なの? 疑問。

石油等の化石エネルギーに頼らずに、

温暖化を防ぎ

地球に優しく生きることを

総ての人が考えるようになって、、

我慢して便利さを追わなくなると良くなるのかな?

 

それこそ人間の叡智と技術とを駆使して、

青く美しい地球を守っていかなければね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read Full Post »

西側の窓から見える景色が

日ごとに変わっていきます。

今年の新緑は早いです。

 

つい先日は、こうでした。

 

雨にも風にも寒さにも耐えた

桜も残っています。

ハラハラと散っていく花びらに

「頑張ったよね。ありがとう~」

季節は巡り行きますね。

落ち着いた気温が続いて欲しいと願います。

今年の3月、4月の

温度の変化に

身体がついて行かない年齢になりました。

みなさま

お身体に気を付けてくださいね。

 

 

 

 

Read Full Post »

 

4月5日、知人の小さな小さな旅行会社の

「旬の味覚 筍料理と和歌山・明日香・天理の桜」という

日帰りバスツアーに行って来ました。

例年より早く桜が咲きましたので

桜が残っていたら嬉しい~と

内心諦めて出かけました。

 

「さかい利晶の杜」で

千利休と与謝野晶子の展示を見ましたよ。

与謝野晶子は子供を12人を産み

しかも難産だったそうです。(@_@)

二人の子供はカタカナ名で、外国人の名前を

付けておられました。

もちろん与謝野鉄幹との子供です。

フランスに行かれた時に

お世話になった女性の名前とロダンの名前。

筍のコース料理は特別注文の焼き筍が

美味しかった~♪(写真は一枚も撮れませんでした)

 

86歳のMさんとツーショット

 

仁徳天皇陵を横目で見ながら

桜を求めて、急遽予定を変更して

名張渓谷へ、

桜は盛りを過ぎておりましたが残ってましたよ。

そして

梅!で有名な月ケ瀬へいきました。

 

凄い!桜は残っていました\(^o^)/

 

天理の町をバスでぐるりと観光しました。

天理教の町は

よく似た建物に統一されている感じがします。

清潔で安全で

泥棒は絶対に来ないと確信できる町ですね。

日本最古と言われる、石上神宮(イソノガミ ジングウ)は、

ニワトリが放し飼いされています。

 

木に飛び上がって休んでいるニワトリたち

羽ばたいて木に飛び乗る瞬間を

初めて見ました。

柳本にあるお洒落な「洋食Katsui」で

コーヒータイム。

お庭に桜がバッチリ

凄いでしょう~

綺麗な花々をオープンテラスで眺めました。

車の渋滞があるかも?で

早いけれどカレーでも食べましょう~と、

いただきました。お洒落で美味しい。

大阪御堂筋にもお店を持つオーナーさん。

Mさんも行ったことがあるという

美味しいお店だそうです。

まだ陽のある間にと

飛鳥の石舞台古墳公園にいきました。

前日にNHKの「歴史ヒストリア」で

見たところです。

 

大阪に住んでいた私は

遠足でよく来たところです。

その頃は、石舞台があるだけでしたが、

今は綺麗に公園化されライトアップされていて

ビックリしました。

この花は「きくもも」だそうです。

 

桜も、花々も綺麗でたっぷり楽しめた

十数名のプチバス旅行でした。

翌日は雨と風と寒さでしたからこの日で良かった!

 

 

 

 

Read Full Post »

 

今年の春は

一気に暖かくなり、桜も早く咲き始め

花々も一気に咲き乱れています。

中山寺の桜

中山寺から北側の長尾山連山は

我が家の北後ろにも続いています。

ミツバツツジの自生が多くて

紫色の花が長い間、たくさん咲き競っています。

西側の窓から見える景色に

緑の新芽も一気に噴き出しました。

薄緑が見えますでしょうか?

三つ葉つつじも?

マンションの裏の山桜の まだ、勢いのあった時の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read Full Post »

宝塚は歌劇で有名な町。

電車に乗っていても

歌劇の生徒さんが制服等で乗っておられます。

ビッシッとした背筋や

華やかさでも分かります。

また、宝塚は昔から植木の町でした。

接木大夫さんが居られましたし、

町の、のどかな雰囲気は

そこからくるのでしょう。

それで、近くの中山寺の梅林は

手入れの行き届いた梅林として有名です。

桜の開花がニュースになる季節になりましたが、

今年の中山の梅林は

ほのかな香りの中、只今真っ盛りです。

見事に赤と白い花を咲かせる一本の梅の木

KIMG1042[1]

 

奥の赤い点々は紅梅です

 

白い梅の方が良い香り?

 

この春も暖かかったり、寒かったりですね。

ご自愛くださいますように。

 

 

 

 

 

Read Full Post »

Older Posts »