Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2018年7月

私は前に馬籠宿・妻籠宿に行きたいと

主人に話していました。

今回、酷暑の中でしたが、

ドライブで行こうと誘ってくれました。

山好きの主人はとっくに連れて行ったと思っていたそうです。

馬籠宿(岐阜県)

KIMG1364

馬籠と言えば島崎藤村の故郷。

清水屋資料館で資料館の女将さんと話に花が咲いた。

島崎藤村のこと。

藤村は長男を、清水屋さんに託した時の話。

馬籠が中津川側に入るか、長野県側に入るか揉めた当時の話。

和宮の輿入れの時の行列の話。

80歳になる彼女の結婚の時の話。

お転婆だったという、チャキチャキで

若く見える彼女との話はとても楽しかった。

こういうのが旅行の楽しさですね。

 

妻籠宿(長野県)

懐かしい懐かしい宿場の面影。

猛烈に暑くてかき氷を食べていた時

お土産に風鈴を買っていた

若いイタリア人カップルと話こんだ。

3週間近く休暇を取って

東京から信州

そして大阪・京都・広島に行くという。

そしてAre you from? と聞かれました。(笑)

それにしても暑い! だからかしら?

観光客がとても少なくて、良かったかもしれない。

私の服装が暑苦しそうに見えるでしょうが

上着を着ないともっと暑い

木曽福島に泊まりました。

翌日は主人はホテルの前の山村代官屋敷へ。

その後一緒に関所に。

時代劇で関所はよく見るけれど

本当の関所は初めてかもしれない。

 

 

 

前が川、後ろが山の逃げられない地形に納得。

 

昔、女性の一人旅の取り調べは

ことのほか、厳しいものだったようです。

一般の人でも、下役人が調べて、上役人にまわされ

関所に入ってから出るまで

一刻(2時間)はかかったようです。

 

 

そして奈良井宿。

馬籠宿・妻籠宿に感激していたけれど

私個人的には「奈良井宿」が

一番、心に残りました。

昨日に続いて暑いので観光客も少なくて

江戸時代にタイムスリップしたかのような風情に

心ウキウキでした。

 

 

 

 

 

 

こんな景色が1キロ以上続くのです。

お蕎麦屋さんにお焼きのお店。

漢方薬のお店や漆器のお店。

 

私は漆器屋さんでおばあさんが留守番をしていたお店で

普段使いに何かと便利な木曽塗りのお椀2個と

主人と私のお箸をかいました。

KIMG1407

 

 

おばあさんはこんな暑い夏は初めてだゎ

この場所が風が良く通るので涼みなさい。と

自分が座っている席を空けてくれた。

 

新しい感覚の小洒落たお店が無いのが何より良い感じ。

観光協会の女性の人に薦められたお蕎麦屋さんでランチ。

 

冷房も無ければ洒落た飾り物も無いけれど

山菜の天ぷらとお蕎麦が美味しかった。

奈良井宿の住民たちは

この宿場を昔の形で残すことを決めたそうな。

<a

帰路は四日市の辺りで工事の為、渋滞に引っかかりました。

<p

我が家に帰って来て

ニュースで私たちの渋滞の後ろの方に

トラックが突っ込み9台の玉突き事故があり

心肺停止の人もいるという・・・

人生何が起きるか分からない。

「いつもありがとうございます」と手を合わせました。

<a

<a

<a

広告

Read Full Post »

暑い! 何という暑さ!

 

先日の西日本の豪雨の被害の大きさに、

驚くばかりで、お気の毒でならない。

被害から10日近くなるのに

土砂から解放された町の声がない。

亡くなられた方が200人を超え、

一瞬にして昨日と違う生活に追い込まれた方々の

お気持ちとご苦労を思うにつけ

心が痛む。

 

その上、この暑さ、

私たちの日々の生活でさえ、

自分の身を持ちこたえているのがやっとの暑さですから

いかばかりのお気持ちで居られるのだろうと

心配が募ります。

心が折れてしまいそうな皆さまでしょう。

どうぞお身体に気を付けてくださいますように。

 

地球が狂ってきているのですか?

温暖化の所為なんですか?

 

 

 

Read Full Post »