Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2018年5月

5月晴れの日曜日、わが町の

S邸の「音楽とバラのフェスティバル」に行って来ました。

あたり一面、バラの甘い香りに包まれて

別世界でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさんのお姉さまと私

 

 

広いお庭でしょう♡。綺麗でしょう~♡

姪御さんの薔薇に対する愛と、

お手入れに頭がさがります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

Read Full Post »

中国残留帰国者の皆さんが楽しみにしている

この春のバス旅行は、お天気も気温もとても気持ちいい~♪

日になりました。

先ずは、明石海峡大橋のたもとの「橋の科学館」

立体映画3Dでお勉強しましたよ。

 

 

 

すぐ近くの「孫文記念館」

ボランティアの中のお一人の祖父が

孫文と同じ村の出身で交流もあったという

遠い昔の話ではない!

そのボランティアのお父様は中国語と日本語の

辞書を作成されるために日本に来られた。

尊敬です。お世話になってます。

 

 

神崎農村公園「ヨーデルの森」

兵庫県のど真ん中にある町立の農業公園です。

のんびりした自然の中で

動物との触れ合いを楽しめる公園として開園され

2009年に民間に委託されました。

ここでバイキングのランチ

広い敷地の中、のんびりと緑を堪能できます。

ごまあざらし

カンガルーやペンギン・フクロウ・アルパカ

ベニコンゴーインコのショウが見もの。

犬や猫とも遊べる!とか。

気持ちの良いお天気の中で

みなさん、童心に戻って遊んでおられました。

孫たちが喜ぶかもしれないナ。

この後は吉川の道の駅で

お野菜等のお買い物と

「足湯」に入りました。

 

今回はバス席でお隣に座ったS.Rさんが

日本語も比較的お上手なので

「中国から日本に来た時の気持ち」を

お尋ねしました。

妻としての心境が知りたかったのです。

快くお話をしてくださいました。

夫が日本人であることも知らず、夫の養父母が亡くなって、

夫が日本へ帰りたい気持ちが強い事、

何も知らなかったので

すごく苦しんだという。

彼女の親、弟、妹たちは日本に行くことを

強く反対したという。

「怖い!」そして苦渋の決断して日本に来たけれど

夫婦とも言葉が出来ず、散々苦労を重ねた。

休みなく働き、その為に腰を悪くした。

でも、今は子供たち、孫たちに恵まれ

幸せだという。

そして中国の歌を書いてくれた。

 

<小草>

花の香りも無い、高い樹でも無い、私は小さな草

寂しくない、悩まない、私には多くの友達がいる・・・

春は風が吹きあなたも私も包む

光はあなたも私も照らす

河は流れ私も大地もはぐくみ

母のようにあなたもわたしも育てる。

私の勝手な訳だけれど

彼女の気持ちが出ている歌なんだと思う。

来週、中国語の出来る友人に教えてもらうつもりです。

全く違う意味かもしれない。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Read Full Post »