Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2016年8月

気が付けば、8月も残り少ない。

子供のころ、夏休みの宿題で大わらわだった頃かしら?

ドリルなどは早くに済ませていたのだけれど、自由研究などがね~。

 

 

この夏はしつこい風邪にうんざりでした。

まだ、声が変だと言われたりもしますが、もう~大丈夫です。

 

あまりの暑さで、山の家に行きました。

主人はこの夏、しばしば訪れていたので、綺麗に掃除が出来ていました。

家では家事をしない主人ですが、山の家ではマメです。

 

 

ベランダから見える景色

KIMG0424[1]

一日だけ、牛窓から鷲羽山、下津井、倉敷に足を延ばしました。

写真が殆ど無い!

主人が鷲羽山に行ったことがないとのことで、行ったのですが・・・

頂上付近で、イベントなどしていて、舞台で子供たちが踊ったりしていましたが

主人はイベントが嫌い。大きなイベントも仕事としてきたのに嫌い。

景色を楽しむ気にもなれずに、昼食を求めて車を走らせました。

下津井の港に出て来て、美味しいお店「むかし回船問屋」さんで、魚料理。♪

KIMG0432[1]

 

 

KIMG0427[1]

 

そして狭い町をぶらぶら。

 

KIMG0425[1]

KIMG0433[1]

 

 

 

 

そして倉敷に。「倉敷はほんの一角だけだよね~」と、思っておりましたら、

昔より広くなった?? 思い過ごし?

 

KIMG0435[1]

 

KIMG0440[1]

 

KIMG0439[1]

 

 

喫茶店で主人は珈琲。 私は「白桃一個丸ごと」を注文。

写真が無い! 今回で一番撮っておきたかったのに撮り忘れて食べてしました。(涙

大きな白桃一個をそれはそれは見事な美しい切り方で感心しました。

種と皮以外は食べやすい大きさにスライスされて綺麗。

ぶどうが数個、巨峰とマスカットが二個一に切って飾ってありました。オイシカッタ!

この夏は、山の家でもそれほど涼しいとは思いませんでしたが、夜中は冬布団を被っていました。

帰ってくると暑い!

 

広告

Read Full Post »

7月のブログを書いた後、風邪を引いてしまいました。

私は風邪にとても弱い。 寝込んでしまうわけではないのですが、

一度引いてしまうと完治するのに1ヵ月かかってしまう。

ようやく、咳も出なくなりました。

 

主人は8月6日が誕生日。広島に原爆が落とされた翌年に生まれました。

原爆・水爆が地球から無くなって欲しいと、被爆国として毎年真剣に願います。

 

今年はリオデジャネイロ・オリンピックの開会式がありいつもと違う雰囲気の日でした。

開会式の中で、原爆を落とされた時間に日本に関する踊りもありましたし、

聖火台が環境に配慮されて小さいけれど、光の螺旋の飾りが綺麗でした。

カーニバル的なところもあり、華やかで楽しかった。

戦争より良いよね。

 

主人に長女からゴルフのグッズ、次女からは大人の雰囲気のゴージャスな花束が届きました。

長女からのプレゼントは、主人がすぐに自分のゴルフバックに入れて写真が撮れません。

 

 

誕生日に届いたお花

KIMG0409[1]

 

 

そして11日経った今日のお花。 夏ゆえ、水を替えるのを一日2回しました。

 

 

 

 

 

そして、昨日は終戦記念日。 (父も戦争に行きました。多くは語らなかった・・・)

戦争より平和が良いとみんな言う。

 

しかし、「ヒットラーは独裁者」と言うけれど、ちゃんと選挙で選ばれた人。

熱狂的に国民に選ばれた人だということを、私たちは忘れてはいけないと思う。

 

 

今、読んでいる本は「1945年のクリスマス」ベアテ・シロタ・ゴードンさんの本。

題名を見るとロマンスの本かと思うでしょう? いえいえ(笑)、自叙伝です。

日本国憲法は日本人が作ったものではなく、押し付けられた憲法だという人は

この本を読んで欲しい。

日本で育った彼女が作った条項は人間の尊厳と男女平等を掲げています。

パソコンで見ると「この条項はGHQが家庭崩壊の為に作ったものだ」という人もおられるし、

「同性婚を禁止しているひどい条項」という人もおられる。

いろんな意見があって良しでしょう。 でもね、読んでみて欲しい。

 

 

私はいつも、主人の誕生日に「広島に被害を受けた時、なぜ、すぐに戦争を終わらせなかったの?」

と素朴な疑問が起こります。(勉強不足です)

その為に、終戦の日までの9日間に、長崎の原爆、東京など焼夷弾等で日本全国で20万人

ほどの人が尊い命を亡くしてしまった。

 

ちなみに私は右寄りの人間でも、左寄りの人間でもありません。念のため。

 

 

 

Read Full Post »