Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2014年11月

11月の日曜日、我が町の民族祭りがありました。
我が町にも沢山の国の人が住んでいます。
中国残留帰国者の「日本語の会 ともだち」も昨年に続いて畑で作った無農薬黒豆の枝豆と水餃子を作り販売しました。

当日は激しい雨。 小学校でするので催し物やガレージセールは体育館ですることに。
私達店舗はテントの中で売る事になりました。
餃子は近くの交流センターで、帰国者さんたちが頑張って昨年より多く出来上がりました。
私は看板娘!ならぬ「看板ばぁば!」
DSCN0916

テントに水が溜まり時々下から突っついて水を出さねばなりません。
販売する方の者がグランド側で私が着いた時には、かなりの水が溜まっていました。
お客様はコンクリートの通路側で良かった!

今回も中々お客さんが寄ってくれない。
大声で「本場中国黒竜江省の水餃子の味ですよ~」
「無農薬の黒豆ですよ~。安いですよ~」
体育館に注文取りに行ったりしながら頑張りました。
結果、全部完売!  「ともだち」の会長さんが買いに来られた時はもう無い。
夕食のつもりだったのにと残念がっておられました。

次の日曜日はお隣の街の民族祭り。 また雨!
帰国者の人たちは両方の町で勉強している人が多いので顔を出しました。
太極拳24式を踊ると言うので私も参加。
写真はまた後ほど。

世界の人々が仲良く生きて行ける世界であって欲しい!と思います。

 

11月は本当に忙しく何にも予定がない日は一日もないまま過ぎていきそうです。

広告

Read Full Post »

2014年10月30日、主人も私も予定が無い珍しい日であることに気が付きました。
あまりにも素晴らしい秋日和。 ドライブしよう~と言うや否や出かけていました。
ほんとうは、家事がいっぱい残っているんです。 お片付けや掃除がね・・・中国語の宿題もね・・・。

琵琶湖の西側、浮御堂(満月時)です。
DSCN0883DSCN0899

琵琶湖に浮いているような御堂、浮御堂
DSCN0895
DSCN0887

堅田の地はその昔、京都に近く琵琶湖の交通の要地で船交通を制していたそうです。

そして芭蕉、一茶たちが来て歌を詠み、広重、北斎たちが来て絵画を残しているそうな。

芭蕉の句碑が近くにありました。 「鎖(じょう)あけて  月差し入れよ 浮御堂」 十六夜にお月見の宴をされ詠まれた句。

この日は本当に良く晴れて、近江富士も良く見えました。
DSCN0896
琵琶湖大橋もくっきりです。
DSCN0892

さて、これは何でしょう?
DSCN0897
歌碑があったそうですが、琵琶湖のレジャーが盛んになって、歌碑を取り除いたけれど、基礎が残っているので、危険を知らせる為に旗を立てているのだそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後、少し紅葉が始まった三井寺に寄ることになりました。
知らずに行ったのですが、三井寺をつくられた智証大師の生誕1200年祭をなさっていて、
「良い時にいらっしゃいましたね」とお守りなどいただき、普段は見ることが出来ない国宝の智証大師の像を拝ませていただきました。
まずは「仁王門」  重文です。時代をしっかり受け継いで来た重みを感じます。
DSCN0901

「金堂」 現在の建築は1599年に再建されたそうです。 再建と言うけれど桃山時代を代表する名建築。
DSCN0911

「智証大師」について
DSCN0910

左甚五郎の龍
DSCN0907
夜な夜な琵琶湖に出て暴れたために、困った甚五郎が自ら龍の目玉に五寸釘を打ち込み沈めたと伝えられています。

「三重塔」 ひたすら美しい。
DSCN0908

「三井寺の晩鐘」 日本三名鐘の一つで音の美しさで有名
DSCN0912

何でもしたい人がおりまして、
DSCN0915
すごく良い響きの音でした。

秋の日はつるべ落とし、我が家へ急ぎました。 気持ちの良い充実の一日でした。

Read Full Post »