Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年5月

中国残留帰国者たちがとても楽しみにしている年2回の「ともだち」のバス旅行。
この春は、近場です。  ボランティアを含め総勢45名でした。

この船で神戸港のクルージング   私たちの為に時間を早めてくださったので貸切状態です。
DSCN0263

手書きですか?
DSCN0258

神戸海洋博物館・カワサキワールド
DSCN0266
船舶の模型がきっちりとてんじされています。
カワサキワールドでは、新幹線の模型やブルーヘリ、バイク等に乗れます。
子供たちが喜びそう~、と言いながら私は排気量2100のバイクの本物(日本では売られていません)に乗せてもらいました。かなりガリ股な気分になりました。

昼食をいただいてから
須磨離宮公園で満開のバラを楽しみました。 
バラの甘い香りでいっぱいでした。 そしてバラソフトクリームが美味しかった!(内緒)

DSCN0267

DSCN0268

夏日で暑くて~暑くて~。
次に訪れた三田のキリンビールの工場で皆さんが楽しみにしていたビールを飲みました。
ソフトドリンクもあります。
DSCN0275

私が選んだのは、フローズンビール(生) 
細かい氷が泡の上に乗っています。 限定品!
DSCN0276
アルコールに弱い私が思わず「美味しい~~♪」とコップ一杯を飲み干しました。
(どれをのんでも三杯まで無料です)
その後、皆に「赤い顔」を笑われてしまいました!

広告

Read Full Post »

月一度の大阪の勉強会を少し足を延ばして京都で集合。
東本願寺で一向宗の女性たちの髪の毛で作られた太く長い綱(ロープと言った方がピッタリ)を見ました。
東本願寺は大修理中でしたが見学できました。女性の髪の毛の強さは相当なものだそうです。
一揆の時の女性について少し学ぶ。だんだん賢く強くなっていった(?)女性たち。

東本願寺の東、すぐ近くにある渉成園を訪ねました。 
この地は平安時代の左大臣「源 融 (ミナモトノ トオル)」が営んだ六条河原院の旧跡という伝承があったとか。 
幾度かの火災に遭い現在は明治時代に復興されたそうです。
外から見るのと中に入ってみるのと趣はぜんぜん違います。

玄関入ったところの面白い石積み
DSCN0202

結構広い、そして美しい庭園
DSCN0203

DSCN0207

朴葉(ホウバ 朴葉味噌でお馴染み)の花を初めてみました。 
DSCN0206

閬風亭(ロウフウテイ)で堀井先生の源氏物語「夕顔」を少しお勉強をしてから昼餉をいただきました。
泉仙(イヅセン)の昼餉はおいしゅうございました。 はい。
DSCN0205
お腹が満たされてお庭を散策。 日本庭園の美しさが夏日になった中で映えていました。




西本願寺近くの後、風俗博物館に行きました。(風俗と言う言葉が・・・・)
源氏物語の六条院の四季の御殿が人形と織り物が実際の4分の一で作られている形で再現されていました。

春の御殿の女君は 〔紫の上〕
DSCN0211

春の御殿の舟楽
DSCN0217

確か夏の御殿は女君は「花散る里」  そして姫君は夕顔の遺児の「玉鬘」 
秋の御殿の女君は「秋好む中宮」  
冬の御殿の君は「明石の御方」  
女君、姫君、女御たち等々が可愛く柔らかく微笑ましく作られていました。
衣装の出来が素晴らしいものでした。
相変わらず、写真が最少限でしか撮っていない私です。

そして、そして、
十二単を着せていただいて写真におさめることも出来るようです。
DSCN0215

Read Full Post »

日本語教室「ともだち」に来ている帰国者が「金子みすゞ」の詩の本を持ってきて
「先生、この詩を分かりやすく教えて」と言う。

   土と草

かあさん知らぬ
草の子を
なん千万の草の子を、
土はひとりで
育てます。

草があおあお
しげったら、
土はかくれて
しまうのに

いかにもみすゞの詩。
易しく説明したつもりけれど、解ってくれただろうか?
イワシの大魚の詩が好きだという彼女だから大丈夫でしょう。
「人間は大魚で喜ぶけれど、海の中では悲しんで弔っているのですね」
中国残留帰国者の言葉だから、余計に私の心に響く。

Read Full Post »